2014.1.28-2.1 ハレルヤ号帰港しました! - ダイビングブログ

ダイビングトップ> ダイビングブログ

2014.1.28-2.1 ハレルヤ号帰港しました!

ロケーション/カオラック
天候/快晴
水温/27℃
風/少し
流れ/時間によりあり
透明度/10-25m

月日が過ぎるのは本当にあっという間ですね。
1月最後のトリップがスタートです。
今回は、どんなお魚との出会いがあるかな~☆

朝、目覚めたら青い海の上、そこはシミラン諸島に到着です。
少し肌寒さはありましたが、気持ちの良い朝を迎えました。

朝日を見ながらブリーフィング。
ダイビングスタートです!!

1日目
ウエストオブエデン
アニターズリーフ
エレファントヘッドロック
タートルロック

1本目 ウエストオブエデン
ウミウチワの街と呼ばれる名の通り、大きな形のよいウミウチワが沢山、岩肌についています。
そこには小さなエビやガラスハゼわんさか。

 

ほかにも淡いピンク色のイソバナが太陽の光を浴びてとっても綺麗。
そこにヤマブキスズメダイの小さい子たちが元気いっぱい泳いでいます。

ハナダイを見るならここっと言わんばかりにたくさん群がっているところがあります。
そのなかにインディアンフレームフェアリーバスレットがより一層綺麗に見えました。

程よい流れにのりながらのダイビング、最後は浅場で岩の上のギンポたちを見てタイムアップ。

2本目 アニターズリーフ
青い海で真っ白な砂の上をゆっくり泳ぐのも大好きです。
大きな根にびっしりとキラキラした壁のようなスカシテンジクダイ。

そのなかにアクセントになる鮮やかな魚たち。
どこから撮る角度も絵になります。

人気の高いクダゴンベ。
順番を待ちながらようやく見ることができました。

その根だけで1ダイブ過ごせちゃうから面白い。

3本目 エレファントヘッドロック
下から見上げた岩は水面まで到達していてダイナッミクな地形のここエレファント。

青光りの体色をもつアンダマンダムゼルを見たり、中層フュージュラーが群がっている奥から
カスミアジの大群を見たりと地形だけでなくお魚も沢山。

イソマグロの親子が私たちの周りをぐるぐる。
それを見ながら安全停止。

4本目 タートルロック
カメの形をした岩に夕日が沈むのをみながらナイトダイビングスタート。
岩の下でアオウミカメが寝る準備をしていました。

いつまで経っても途切れそうにないタカサゴ達やマテアジの群れが私たちの横を泳いでいきます。

岩の上で誰かを持っているかのようにいたキイロのカエルアンコウ。
じっとしている姿がかわいかったです。
また会いに行きたいな♪

2日目
ノースポイント
スリーツリーズ
コボン・ウェストリッジ
タチャイピナクル

空がピンク色に染まり美しい朝日。2日目のスタート!

朝1本目はノースポイントから。
まずは離れ根まで足を伸ばしてアケボノハゼのインド洋バージョンにご挨拶。

 


Filed under: 未分類 — admin 6:35 PM
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL: