メナド現地 - ダイビングブログ

ダイビングトップ> ダイビングブログ

ラジャアンパット

【インドネシア/ラジャアンパット】

600を超える島からなるラジャアンパット。

海の中も生物の多様性では世界トップクラス。

大物、マクロ、地形と何でも見ることができます。

hosodakentaro_ラジャ

Filed under: メナド現地 — admin 12:00 PM

乾期到来!メナド•ブナケン島にあるブナケン・チャチャより

どうやらようやくお天気安定してきたようで、乾期到来宣言、毎日暑いブナケン島です。しばらく水温が低く(といっても26〜27度)、珊瑚には良い状態が続いていました。

普段はマクロなブナケン界隈ですが、この日はタンジュンコピポイントも、珍しく大した流れも無く、ギンガメの小群れが深場、浅場と、あちこちに出ており、ダイバーも比較的落ち着いて群れ鑑賞を楽しむことができました。

プロの写真家が撮影したら、もっとビューティフルに撮れるんでしょうけど...(汗)

 

jackfish_with_diver jackfish

 

インドネシア、メナド(マナド)、ブナケン国立海洋公園内にある

ブナケン・チャチャ・ネイチャー・リゾート

Filed under: メナド現地 — admin 10:30 AM

ラジャ・アンパット

ダイバー憧れのマンタ

いつもおなかが白いマンタを見ているとブラックマンタを見るとかっこよく見えますね★

インドネシア、ラジャ・アンパットで撮影したものです。

豪華なクルーズダイブができるラジャ・アンパット、

少しでもご興味ございましたらコチラのサイトをご覧くださいませ。

URL: http://www.divenavi.com/alila_purnama/

 

Photo by Kentaro Hosoda

hosodakentaro_Raja Ampat

Filed under: メナド現地 — admin 5:30 PM

ジュゴンの棲む海、ブナケン島でスノーケリング&ダイビング

メナド(マナド)で知られる、インドネシアはブナケン国立海洋公園にある

ブナケン・チャチャ・ネイチャー・リゾートよりこんにちは!

今年も1月からゲストやオーナーまでもが、ジュゴン数回遭遇してまーす!

ジュゴンの棲む海、ブナケン島。珊瑚礁に癒されにぜひ遊びにいらして下さい。

お待ちしております。

ブナケン島のジュゴン

 

メナド(マナド)、ブナケン島の国立海洋公園内にある

ブナケン・チャチャ・ネイチャー・リゾートより

Filed under: メナド現地 — admin 10:36 AM

豪快なドロップオフの壁にいるのは...極小生物たち

ドロップオフの壁にいる小物たち。
探してもそう簡単にいるわけでもないし、いつも同じ場所にいるとも限らず、見せたい側としては毎日苦悩しておりますが、先日も突然見つけちゃいました。

最初の写真はおそらくイソバナガニの1種だと思われますが、大きさわずか3ミリ程度。暗い水中では、カニの一種、程度にしか判明しません。写真にとれば解明すると思いましたが、ウーン...
マクロレンズ無しのLUMIXデジカメで、どこにも掴まらず、中性浮力を保ちつつの撮影だと、ピントはこれが限界...かな。サンゴにバシバシつかまって体を固定、というのはやりたくないですし(^-^;

Manado_bunaken_crab_1

 

Manado_bunaken_pontohi

2番目の写真は、ガイド君が見つけてくれた、ヒポカンポスポントヒ・シーホース。 
これも極小。 暗めの場所を好んでお住まい? 体長1センチ程度ですか。でも背中に生えた赤毛ちゃんがなんともチャーミング。顔はおしろいを塗ったように白いし、お腹も白い。なのに背中から頭部にかけては黄色っぽいグリーン。 非常に凝った”擬態”色ですね。 ミニミニサイズの彼らが尻尾をくるんと丸めて背筋を伸ばして泳ぐ姿はキュートとしか言いようがありません。

インドネシア、メナド
ブナケン国立海洋公園内 ブナケン島にある小さな宿

ブナケン・チャチャ・ネイチャー・リゾート

Filed under: メナド現地,未分類 — admin 8:29 AM

メナド・マナド・ブナケン島で大発見!体色を変化、点滅させるウミウシ

先日ゲストといつものようにナイトダイブに行った際、世界的な大発見をしてしまいました。

ウミウシの写真を撮る人はいても、そこから全く動かないウミウシの場合、動画を撮る人は滅多にいないかよほどの暇人か...(笑) 

でも私はこの日、新しい水中ライトとカメラのテストも兼ね、たまたまあるウミウシを動画撮影していたのです。 そしたらなんと!ウミウシが水中ライトの光に反応し、イカのように体の色をピコピコと変え出したのです。 ちまたでは暗いところで”光る、"ヒカリウミウシ"、というのは有名ですが、水中ライトに反応してイカのように体色を変えるウミウシというのは聞いた事がありません。それも、肉眼で見るより、デジカメのスクリーンで見ると、ピコピコしているのが明確にわかるのです。 

元々このウミウシ自体も、図鑑にも乗っておらず、いつもお世話になっている、インターネット上の「ウミウシ図鑑」で調べても解らず終い。今後も名前を調べて行こうとは思いますが、光合成もするし、一部のウミウシには発光能力がある生物でもあるので、イカのような変色能力があるウミウシがいても不思議ではないのかもしれませんねー。

メナド本島側リゾートでは、ブナケン島でのナイトダイブをやってない可能性大ゆえ、ブナケン島でナイトダイブしたい人は、ぜひブナケン島国立公園内にあるブナケン・チャチャ・ネイチャー・リゾートのナイトダイブに参加してこのウミウシを見つけてみてはいかがでしょうか?

世界的大発見!!だと思いますよ~。では大発見?動画↓をご覧ください ↓

撮影者:玲子・ダウニー
ブナケン・チャチャ・ネイチャー・リゾート

 

ブナケン島在住14年半、ブナケン・チャチャ・ネイチャー・リゾートからメナド、ブナケン島のあるセレベスの海情報、生活情報を発信中です。
今後ともどうぞ宜しくお願いしまーす!

Filed under: メナド現地 — admin 6:10 PM

チャチャのハウスリーフでナイトダイブ!ヒョウモンダコ、カメノコフシエラガイなど。

ナイトダイブ続きの日々。

チャチャ前のハウスリーフ&ウォールでナイトダイブ。
ナイト好きな当方にとっては嬉しいばかりですが、この日は入った途端からアップカレント発生中。 入ってすぐ、うまく体勢整えられてないところにきて、何やら怪しい物体を発見!

「も、もしやこれはブルーリングオクトパス(ヒョウモンダコ)では〜ッ?!」

と心踊るも、なかなかおさまらないアップカレントに、水中ライト左手、カメラ右手、BCD操作とカメラ操作、ビデオを撮りたいので、マクロレンズを水中で外し、かつ中性浮力で体勢を安定....色々やってるうちにイライラ爆発!! 

こういう時は、思いっきりマウスピースを噛む! 

噛む事でストレスをリリース。「ハァ〜ッ。」とひと呼吸、イライラ感を完全にリリースしてから、「ブルーリングオクトパス」こと、ヒョウモンダコにゆっくり近づき、パチリッ! 

撮影中もアップカレントとサージで揺れる揺れる〜。  何度も手がヒョウモンさんまで、3センチくらいまで近づいてしまい、脅威を感じて、飛びつかれ噛まれてしまうかも??と心配しつつ...
はい、猛毒icon_exclaim.gifだそうです、このヒョウモンダコemoji198.gif。 

噛まれたらきっと余命20分くらいあるかないか? だとどこかで聞きましたが... ただこの青い輪が、どこまでも言いようのない美しさなんですよね〜、このボディ全体に浮き出た光るような青リングが。

彼らが脅威を感じていない時は、ヒョウモン(青い輪)は現れません。 なので、何度か目撃したけど、その都度「あれ?新しいウミウシかな?」と勘違いするほど、普段は毒気の全く無さそうな乳白色でカモフラージュしています。

blue-ringed octopus, ヒョウモンダコ

Manadobunakenfugu
体勢を縦にして寝ているシマキンチャクフグ

 

Manadobunakennudi
カメノコフシエラガイ科のウミウシ 
ウミウシといっても体長25センチほど、超巨大ウミウシです。

れいこ・ダウニー
ブナケン・チャチャ・ネイチャー・リゾート

Filed under: メナド現地 — admin 12:05 PM

出ました!新年初、ジンベイザメ!メナド(ブナケン)より速報

 

速報です!

今朝、先ほどチャチャを出発されたゲストが、メナドに向うボートから、

shineジンベイザメshine と遭遇しちゃった〜ッ!! 

大きな尾びれが素晴らしかった!というSMS(携帯ショートメッセージ)をもらいました。emoji577.gif

ブナケン島界隈の海では毎年1月と2月頃はジンベイザメ通過シーズンでもあるのですが、こんなに早く、しかも大くのゲストが乗船しているボートから目撃できたなんて幸運!!!リゾートを出てから30分以内だったから、ブナケンに近いあたりで遭遇したようです。

「あまり大物がいなかったですが...」 とゲストにぼやかれる度、
「ブナケンは珊瑚礁は世界一でも、普段はマクロ(小生物)中心なので、そう いう意味では他と比べると派手な海じゃないですが、(大物が) 出る時は出るんですよー(汗)」 と答えていたのは真実であったと、おわかり頂けるので はないかと...( ̄▽ ̄;)

お正月にふさわしい、素晴らしいニュースですよね。ジンベイザメ、英名ホエールシャークとさっそく遭遇できたなんて。 

今年は年末から年始にかけて珍しく天気に恵まれず、非常に雨の多かったブナケンですが、帰国日にジンベイザメ目撃とは、ゲストの皆様にとっては、非常に嬉しいサプライズだったことでしょう。
まだまだ水中で遭遇できるチャンスもあるかも。今後も海に入るのが楽しみですねー!heart02

シーラカンス在りジンベイザメ出現有り、世界一の広大な珊瑚礁有り漆黒の海底にも色鮮やかなソフトコーラルなどが棲息(NOAA海底調査ビデオより)し人々を驚かせてくれる、マクロから大物まで幅広い生物の宝庫。

やっぱりemoji585.gifブナケンemoji585.gif界隈の海は、無限の底力のある不思議な海であるといえますね〜!

玲子・ダウニーより
インドネシア 北スラウェシ州メナド(マナド)
ブナケン国立海洋公園内にある

ブナケン・チャチャ・ネイチャー・リゾート

 

Filed under: メナド現地 — admin 12:38 PM

たまにはこんな日があってもいい?ちょっとレイジーなクマノミちゃん達

ちょっと遅めの出発で午後ティモール2へ。
入ってしばらくは、流れ全く無し。海上は結構強風にあおられて波だっているのに、海中は全く正反対の静けさです。

普段は流れに翻弄されているように見えるウォール(壁)のクマノミたちも、今日は全く”やる気なし”って感じ。
ペタッとなったイソギンチャクの上に横たわって珍しいほどリラックスした姿でした。就寝時間も迫ってたからでしょうかね〜 
同居のミツボシクロスズメダイは見張り役かな?

マナド、メナド、ブナケン島、クマノミ、ダイビング

インドネシア・メナド(マナド)、国立公園ブナケン島内にある
ブナケン・チャチャ・ネイチャー・リゾート

Filed under: メナド現地 — admin 6:40 PM

金メダル確実?! オオモンカエルアンコウ

 

オオモンカエルアンコウ 
  (Antennarius commersoni)

頭に血昇らんのかなぁ...
 
ただでさえ巨体なのに、大逆立ちして根の一部になりきってるその姿は、サカナオリンピックの”金メダル”もの??なんですが。

 

インドネシア、メナド(マナド)、ブナケン国立海洋公園内にある
ブナケン・チャチャ・ネイチャー・リゾート 


Filed under: メナド現地 — admin 1:01 PM