ダイブナビ

フィリピン・バリカサグ特集
世界屈指のダイブサイトに囲まれた、
至福のダイブリゾート

幾度となくダイビング誌に取り上げられているフィリピン屈指のスーパードロップオフポイント「バリカサグ」は、
もはや中級以上のダイバーには説明不要なのかもしれない。
有名になりすぎて、ついには1日上限150人までのダイバー規制が敷かれてしまったほどだからだ。
ただしその知名度は、お隣ボホール島を拠点に1時間かけて遠征するダイブサイトとしての話。
実はこの島に宿泊できるダイブリゾートがあることは、あまり知られていない。
その名も「バリカサグアイランドダイブリゾート(略称:BIDR)」。島唯一の宿泊施設。
早朝からナイトまで最大で1日5本、実質無制限ダイブのすべてを
あのバリカサグで潜れてしまうダイバー垂涎のリゾートライフを紹介しよう。
写真・関戸紀倫 文・秋田健三郎

多くの周辺ショップが目指すスペシャルポイントが目の前に!

水深200mオーバーのドロップオフ

島一周、水深200mオーバーのドロップオフ
バリカサグ島は深海にそそり立っている。 立てたエンピツの先端がわずかに海面から露出している、と例えればイメージして頂けるだろうか。 しかもそのリーフエッジが陸から至近距離という、ダイビングには絶好の環境なのである。
例えば、リゾート目の前のビーチからエントリーしてみる。 眩いほどの白砂とその上に群生する見事なサンゴの森を、ウミガメやグルクンの群れを楽しみながら進むことわずか30m。 そこには、垂直に落ち込む底の見えない断崖絶壁。
つまり癒しのハウスリーフダイブと、大型回遊魚との遭遇にドキドキのウォールダイブを同時に楽しめてしまう、それがバリカサグなのだ。

ギンガメアジ

ギンガメアジをじっくり見たいならバリカサグステイが絶対オススメ
バリカサグで見れる魚種は豊富だが、名物はなんといってもギンガメアジの大群、通称ギンガメトルネード。 この魚群の数と大きさは誰もが驚く。
このギンガメトルネードを見たければ、バリカサグステイを強くお勧めする。 なぜか?それは彼らと遭遇できる可能性の高い、午前10時前のモーニングダイブができるのは、BIDRだけだからだ。 ボホール島に約60件あるダイビングサービスはみな9時前後に出港し、一斉にバリカサグ島を目指す。 だから10~14時の間は島の周囲には規制上限の約150人のダイバーで大賑わい。 ギンガメアジはシャイなのでダイバーが多い時間帯には30m以深に下がってしまうことが多い。
8~10時頃には水深10~15mの辺りでの遭遇率も高く、ダイバーはほぼ島の宿泊客だけの独占状態。 さらに朝食前の時間帯には水面に近い棚付近にいることも多く、光が届く絶好のシャッターチャンス。 このゴールデンタイムに潜れるのは、島に泊まっている方だけの特典、というワケだ。 リピーターに、ワイドフォト派ダイバーが多いのもうなずける。

Photo AlbumDive Site

  • ダイビングポイントはすぐそこ!

    ダイビングポイントはすぐそこ

    バリカサグ島のまわりにダイビングポイントが点在!
    どのポイントも島からすぐなので船酔いの心配もなし

  • リゾート前、ビーチエントリーでギンガメ!

    リゾート前、ビーチエントリーでギンガメ!

    迫力のギンガメトルネードが見られるポイント「サンクチュアリ」はリゾート前。 保護区にもなっている豪快なドロップオフエリア

  • ビーチは白砂の楽園

    ドロップオフ手前は白砂の楽園

    浅瀬は白砂だが抜群の透明度で非常に気持ち良い!
    あちこちで見られるサンゴの群生も見事

  • 初心者からベテランまで大満足

    初心者からベテランまで大満足

    水深の浅い砂地、その先には大物が回遊するドロップオフ。
    ゆったりもハードにも楽しめるのでスキルレベル問わず楽しめる

  • 点在するサンゴの根

    点在するサンゴの根

    砂地にはあちこちに根があり、ソフト、ハードコーラルが咲き乱れる。 周囲を泳ぐハナダイがさらに華やかさを演出!

  • ウミガメと一緒に撮影可

    ウミガメと一緒に撮影可

    とにかくウムガメがたくさん。しかも近づいても逃げることもない。
    ウミガメとの2ショットにチャレンジ!

  • じっくりのんびり撮影できます

    じっくりのんびり撮影できます

    保護区に指定されているエリアが多く、漁が禁止されているため生物もフレンドリー。 じっくり撮影することができる

  • バラクーダなども回遊魚も登場

    バラクーダなども回遊魚も登場

    ドロップオフ沿いを潜るから、回遊魚との遭遇率も抜群。
    サンゴを見ながら中層も常にチェック!

  • 迫力満点のギンガメ玉

    迫力満点のギンガメ・トルネード

    これがバリカサグ名物、ギンガメ・トルネード!
    数百ものギンガメが群れになっている光景は圧巻

  • ケーブポイントもあります

    ケーブポイントもあります

    ドロップオフだけではなく、ケーブやアーチなどの地形ポイントもあり。 バラエティ豊かな海中景観が楽しめる

Photo AlbumBalicasag Island

  • 一周たったの30分。穏やかな時間が流れます

    サファリアイランドリゾート

    歩いても30分ほどで島を一周できてしまうバリカサグ島。
    海に入ればどこも魚だらけのダイブスポット

  • バリカサグアイランドダイブリゾート

    バリカサグアイランドダイブリゾート

    リゾートは「バリカサグアイランドダイブリゾート」一件。 ゲストの多くがダイビング、スノーケリング目当ての方々

  • 客室は独立型のコテージタイプ

    客室は独立型のコテージタイプ

    ダイビングリゾートらしくコテージ前に器材が干せるスペースもたっぷり。使い勝手も抜群

  • ツインルーム客室

    ツインルーム客室

    けして豪華なリゾートではありませんが、シンプルでキレイ、可愛らしい客室

  • 団体旅行にもオススメ

    団体旅行にもオススメ

    コテージタイプの客室以外にも二段ベットの大部屋もあり。 学生やショップツアーなど夜もワイワイ楽しみたい方にもオススメ

  • 併設レストラン

    併設レストラン

    目の前のビーチを一望できる吹き抜けのレストラン。潮風がダイブリゾートにいることをより実感させてくれる

  • 料理は日本人好みのテイスト

    併設レストラン

    レストランでは日本人の舌にあった多国籍料理が楽しめる。日替わりなので飽きもこない

  • フィリピン料理からハンバーガー、麺類も

    サファリアイランドリゾート

    ダイビング後のランチもリゾート内レストランで。フィリピン料理はもちろん、アメリカン、イタリアン、ラーメンなどもあり!

  • キレイなサンセットビーチを独占

    サファリアイランドリゾート

    昼間はセブ周辺から多くのショップが潜りに来ますが、朝晩、島内には宿泊者と村人のみ。キレイな景色を独占できる

  • 人懐っこい島の子供たち

    サファリアイランドリゾート

    バリカサグに住んでいる住人は約1,000人。
    人懐っこく、素朴な子供たちはとてもキュート

  • スノーケリングでもウミガメ遭遇

    サファリアイランドリゾート

    思い立ったらリゾート前からすぐにスノーケリング。
    ダイビングでなくてもウミガメに逢える

  • プールの目の前も、海

    サファリアイランドリゾート

    リゾートにはプールも併設。
    ビーチ越しの海を眺めてマンゴーシェイク!

  • 治安も抜群です

    治安も抜群

    女性の一人歩きでも問題ない治安の良さ。
    ヤシの木に覆われた平坦な道の散策が心地いい~

  • 動物たちも平和そのもの

    動物たちも平和そのもの

    島内にはヤギやニワトリが普通に歩いています
    人以上にのんびり、穏やかな時間が流れている

こんな方に絶対オススメ!!

「シバダンロス」の貴方に贈る、ダイバーズヘヴン

「シバダンロス」の貴方に贈る、ダイバーズヘヴン
1990年代~2000年代前半に、ダイバーの間で一世を風靡したダイバーズアイランド、マレーシアのシパダン島。 1日最大6本までの無制限ダイブ、島一周ぐるっとドロップオフ。 ギンガメアジにバラクーダ、バッファローフィッシュの群れにハンマーヘッド。そして1ダイブ中に10匹は現れる、ウミガメ。 最盛期はダイブナビだけで月に200人のダイバーを送っていた島は環境保護区に指定され、宿泊が禁止となりました。 さらには周辺海域の治安悪化から、ついに日本発のツアーは消滅することに…。 日本では「シパダンロス」ダイバーが大量発生。

我々ダイブナビも「次なるシパダン」探しに奔走するも、彼らの期待に応えられる島は見つけられずじまい。 やはりシパダンは別格だった・・・。なかば諦めていた中、昨年ついに見つけました! いや、正確にはバリカサグ自体はずっと知っていたのですが、 まさかこんな好条件のダイバーズリゾートがあるなんて知らなかった訳です。まさに灯台下暗し!

日本ともつながっていた村人の暮らし

日本ともつながっている村人の暮らし
シパダンとばかり比べてしまいましたが、もちろんバリカサグならではの魅力も多数。 中でも、島民の素朴な暮らしが覗ける散歩はオススメ。 島に車は一台もなく、ヤギとニワトリが放牧されているのどかな暮らし。 ちなみに島の小学校は、日本人の寄付で設立されていて、壁面にはしっかりと名前が掘られている。

客室はお世辞にも豪華とはいえないし、シャワーもお湯は出ないなど設備的には最低限のレベルですが、 真の海好き、自然好きにとっての環境は、世界最高峰と言っても過言ではありません。
是非貴方も一度訪れてみてください。
きっとリピーターになること間違いなし!です。