ダイブナビ

Diving in Boholボホール ダイビング情報

ギンガメアジ、バラクーダのトルネード。
サンゴ、マクロもカバーするマルチエリア

ボホールでのダイビングスタイル

ボホール島はフィリピン中部ヴィサヤ諸島の島で、国内で10番目に大きい島で、面積は4.117平方キロメートル(和歌山県ほどの大きさ) 周囲には潮通しのいい環境が揃っており、昔からギンガメアジやバラクーダが見られる場所として知られています。マクタン島と隣接しているため、同じポイントを潜ることも多いですが、 回遊魚の乱舞が見られるバリカサグ、サンゴ礁の美しいパングラオ島/アロナエリア、この辺りで一番の有名ポイント・ヒルトゥガンなどをメインにゲストのリクエストに応じて潜るサービスが多いようです。

ボホール ダイビングシーズン・スタイルBohol Diving Season

ボホール ダイビングシーズン

一年を通じて雨も少なく、安定した気候が続くボホール。シーズン限定の大物もいないので行ける時がベストシーズン!と思って間違いなし。 7月~12月が雨季とも言われていますが、スコールがさっと降る程度なので気にする必要はありません。

ボホール ダイビングスタイル

フィリピンの他のエリア同様、器材の持ち運びからセッティングはもちろん、エキジット時のフィンやBCの脱着などすべてをスタッフが手伝ってくれる「殿様姫様ダイビング」スタイルが主流。

ボホール ダイビングショップご紹介Diving Shop

ボホール ダイビング ポイントBohol Diving Point

ボホール島のダイビングポイント
ヒルトゥガン島周辺
【ノースサイド】
【ノースサイド】
セブで人気No.1のポイント。年間を通して透明度も良く、サンゴ礁も綺麗。 ツバメウオやスズメダイが多く生息する。
【サウスサイド】
【サウスサイド】
セブで人気No.1のポイント。 年間を通して透明度も良く、サンゴ礁も綺麗。ロウニンアジの群れを見ることが出来る。
カビラオ島周辺
【ライトハウス】
ライトハウス
カビラオ島周辺のポイントで人気No.1を誇る。浅い場所にはサンゴが生い茂り、バラクーダやナポレオンなども登場する魅惑のポイントです。
【サウスウォール】
サウスウォール
群れをなすツバメウオやドロップオフの壁面に繁茂するソフトコーラルが非常に美しいポイント。ライトハウス同様、高い人気を誇っています。
パングラオ島周辺
【ライトハウス】
ライトハウス
水深5m付近からエントリー、なだらかなサンゴ礁が続く落ち着いたポイント。サンゴの間にはスズメダイやハナダイが乱舞、マクロ生物も豊富で幻想的な風景が広がります。
【ドゥオル】
ドゥオル
パングラオ島周辺のポイントの中では一番サンゴが美しいと言われているポイント。マンジュウイシモチやカニハゼなどの人気マクロが容易に見られるのも嬉しい。
【アルコ】
アルク
水深3m付近、一面に広がる白砂のエリアにダイバーが潜り抜けられる縦穴が開いており、晴れた日には幻想的な雰囲気を感じることができる。カニハゼやイースタンクラウンアネモネフィッシュなど人気マクロも見られます。
【サンクチュアリ】
サンクチュアリ
パングラオ島周辺では唯一、ギンガメアジが出現する確率が高いポイント。
バリカサグ島周辺
【サンクチュアリ】
サンクチュアリ
バリカサグにあるリゾート前のポイント。ドロップオフになっており、運が良ければ棚の上の浅い場所でギンガメアジの群れを見ることができます。
【ルディーズロック】
ルディーズロック
巨大なギンガメアジ玉が見られるポイント。ドロップオフ、スロープの変わり目の場所なので両方の地形が楽しめます。魚影の濃さも抜群!
【ロイヤルガーデン】
ロイヤルガーデン
なだらかなスロープが続く落ち着いた環境。それながらバラクータやギンガメアジ、ナポレオンからレアなマクロフィッシュまで充実。
【ブラックフォレスト】
ブラックフォレスト
その名が示すようにブラックフィンバラクータの群れが見られるポイント。ウミガメやギンガメアジなども見られ、大物好きにはたまらないエリア。
すべてのボホールツアーを見る ボホールのホテル、リゾート一覧を見る

エリアインフォメーション

セブ・マクタン島
ボホール島
バリカサグ島
ドゥマゲッティ
サンダンサー(リロアン)
モアルボアル
ボルホーン
オスロブ
マラパスクア
アニラオ
エルニド
ボラカイ
ディマクヤ
ブスアンガ
プエルトガレラ
ボホールのダイビングツアーならダイブナビ