ミルンベイ・パプアニューギニア | 海外ダイビングツアー 専門店 -ダイブナビ-

ミルンベイ・パプアニューギニア
ミルンベイイメージ
ニューギニア島の最東端のエリア、アロタウ。首都ポートモレスビーより、空路にて1時間、大小600もの島々を含む広大なミルンベイ州の州都で、これらの島々からの船が行き来する賑やかな田舎の港町。 南にコーラルシー、北にソロモン海があり、魚影、透明度に期待が持てるダイビングサイト、それがミルンベイです。

コーラルフィッシュが一面に広がる光景には圧巻。メジロザメやウミガメもよく見られます。ダイビングショップスタッフでさえ「現在開発中」というポイントも多く、まだまだ面白くなるエリアといえるでしょう。
日次 基本スケジュール
1 土曜日 成田夜発 ⇒
2 日曜日朝 ポートモレスビー着 ⇒ 国内線に乗り換え、空路ガーニー空港へ 到着後車とボートでリゾートへ
3~6 ダイビング
7 空路ポートモレスビーへ (ポートモレスビー泊)
8 土曜日 ポートモレスビー昼発 ⇒ 成田夜着

ミルンベイ ダイビング情報

タワリダイビングセンター 

日本人在住のタワリリゾートに併設されているショップ。リゾート施設も高級ながら、ダイビングボートや器材等も充実。多くの欧米人が訪れるミルンベイの海は、多種多様な海洋生物をみることができます。
ハウスリーフにはドロップオフがあり、見事なハードコーラルが臨めます。マクロポイントも充実!カメラ設備も充実しているので安心です。
そして北部沿岸部には洞窟や穴があるドロップオフがあちこちにあり、マンタ・ハンマーヘッド、大型回遊魚、時にはジンベイザメも現れることも!

  • ショップイメージ1
  • ショップイメージ2
  • ショップイメージ3
日本人ガイド ポイントまでの距離 平均 10分~30分
(ポイントによっては1時間以上かかる場所もある)
ダイビング本数 10ダイブ 水温 年間26~30℃
無制限ビーチ ×
ダイビングスタイル 午前2本(戻ってランチ)
08:00 リゾートを出発 2ダイブ(基本的に同じポイント)
12:00 リゾートに戻りランチ
14:00 午後のダイビングに出発 1ダイブ
夕方 1ビーチダイブ
ワイド・マクロ・サンゴ
マンタのクリーニングステーション・ハンマーヘッド
ソフト&ハードコーラル・ミミックオクトパス・ウミウシ
シーズン 6~10月 雨期 透明度良好(海流が強い)
11~5月 乾期 透明度低いがマクロが充実
レンタル器材代金 お問い合わせください

ミルンベイ リゾート情報

ミルンベイの海 フォトコレクション

  • マンタ
  • クダゴンベ
  • Cuttlefish
パプアニューギニア ダイビング / 海外ダイビングツアー 専門店 ダイブナビ