ダイブナビTOPページ ツアー一発検索 ダイビング旅行体験記
見積り・問合せ メールマガジン ダイビングブログ
 ■2009年度入社予定内定者 田島 美生  2008/9/8〜13
★学生ダイバー限定★バディーを増やそう!
ピピ島ダイブクルーズ
〜同年代ダイビング仲間の輪を広げよう〜


感動ツアーコンテスト(社内)最優秀賞ツアーついに催行!!
企画者も参加者も全員大学生!映画『ザ・ビーチ』で有名なタイのピピ島周辺でのダイビングクルーズとバンコク市内観光、男の子10人&女の子11人ほとんどが1人での参加者でまさに『あいのり』的な4泊6日の旅をご紹介します。

せっかくダイビングのライセンスを取ったけれど・・・
「なかなか潜りに行く機会がない・・・」
「一緒に潜りに行ける友達を増やしたい・・・」
「海外旅行は高くてなかなか行けない・・・」
そんな同年代のダイバー同士を繋げて、ダイビングを通じて仲間(=バディー)を増やして交流の輪を広げてもらいたい。
今回のクルーズだけで終わらずに、ダイビングを通じて次の旅行にも繋がっていく出会いの場が作れたらいいなと思い企画したのが今回の旅行です。

参加者は東京・名古屋・大阪・福岡と各地からで、ほとんどが「はじめまして」のメンバーだったので、どんな人が集まるのか当日までドキドキでしたが、本当に素敵なメンバーが集まって充実した楽しい時間を過ごすことができました。

一緒にダイビングをするだけでなく4日間寝食を共にするダイビングクルーズだからこそ生まれる一体感。釣りやビーチバレーなどダイビング以外の企画でも大いに盛り上がりました。

 ★1日目★出国
成田、関空、名古屋、福岡組ともに午前中に出発し、約5時間のフライトの後バンコクの空港で合流です。
事前に連絡は取っていますが、顔を合わせるのは初めてなので緊張気味です。
新しくバンコクの空の玄関口となったスワンナプーム国際空港はとにかく広いんです!旅客ターミナルビルの総床面積は世界一の広さを誇り、敷地面積は成田国際空港のなんと約3倍。 延々と続く動く歩道のエスカレーターに乗りましたが国内線乗継ゲートが遠い遠い・・・。のんびりしていると時間なくなっちゃいます。バンコクあなどるなかれ!
タイ国際航空 とってもキレイなバンコク空港内 ひたすら長いコンコース
タイ国際航空 とってもキレイなバンコク空港内 ひたすら長いコンコース

 クルーズ乗船
バンコクから約1時間のフライトでプーケット空港に到着です。ここから船の停泊しているチャロン港まで車で約1時間・・・ようやく待望のクルーズ船に乗船♪

今回お世話になったのはプーケットで人気のショップ、マリンクエストダイバーズさんです。
クルーズ船MVマリンクエスト号は普段は乾期のシミランクルーズで活躍しており、ピピ島で使用されることはありませんが、今回は特別企画なのでピピ島へ向けて出航して頂きました!
(通常ピピ島周辺のダイビングにはデイトリップ船が出ていますので是非♪)

タイでは出航の際に安全を願って爆竹を鳴らすのですが、この日は風が強かったために中止に・・・。チャロン港からピピ島まで約3時間半、いよいよ出航です!!

 サプライズ・バースディ
なんとこの日は参加者の中に22歳の誕生日を迎えた方がいました☆みんなでお祝いです!
HAPPY BIRTHDAY TO YOU〜♪

 ★2日目★いよいよダイビング
朝から雨が降ったり止んだりの天気でしたが、この日は4本のダイビングをしました。
タイのクルーズでは母船から「ディーンギー」と呼ばれる小型のゴムボートに乗り移ってダイビングポイントまで移動するのが一般的なスタイルです。 全ての器材を装着しディーンギーに乗り込みます。みんな始めてなので少し緊張気味・・・このゴムボート、バランスがとっても重要なんですよ!

ピピ島周辺では、一番大きく観光客で賑わうピピドン島、ピピレイ島・ビダノック島・ビダナイ島でダイビングやスノーケリングを楽しむことができます。
この日はピピドン島の南に位置し、2番目に大きく南北に細長いピピレイ(Phi Phi LEA)島でのダイビングです。
島全体が海洋国立公園に指定されていて、映画『ザ・ビーチ』のロケ地になったとってもキレイなビーチ、マヤベイで有名です。

エントリーしてすぐにイエローバンドフュージュラー、ブルーフュージュラーなどのタカサゴの群れが歓迎してくれました。 そしてアオウミガメにも遭遇!チョウチョウウオやスズメダイなど魚影が濃いのが特徴です。 黄金のじゅうたんのようにキンセンフエダイの大群が足元を通っていくのには感動しました♪ ここピピ島周辺ではアンダマン海の固有種が多く、フィッシュウォッチングが楽しめます。

島の断崖絶壁にえぐられたようにバイキングケーブと呼ばれる大きな洞窟ができていて、なんとここには人が住んでいます!
木でできた小屋も見え住人の方は釣りをしていました。中華料理(広東料理)の高級食材とされるツバメの巣も取れるそうで、この洞窟の奥がかなり気になります。(見学ツアーもあるそうですよ)
1階のダイビングデッキ バディーチェックして準備は万端 さぁエントリ〜♪
1階のダイビングデッキ バディーチェックして準備は万端 さぁエントリ〜♪
トマトアネモネフィッシュ コラーレバタフライフィッシュ スカンクアネモネフィッシュ
トマトアネモネフィッシュ コラーレバタフライフィッシュ スカンクアネモネフィッシュ
キンセンフエダイの群れ おおきなサンゴ バイキングケーブ
キンセンフエダイの群れ おおきなサンゴ バイキングケーブ

 バディー・シャッフル
今回のダイビングの特別ルールです。せっかくの機会なのでいろんな人とダイビングが楽しめるように1ダイブごとにバディーをシャッフルしました。 いつもと違う仲間と潜るのも新鮮で楽しいものですね。ログ付けも楽しくなります。

 ダイビングの合間には
毎回のダイビング後にはお楽しみの食事タイムです♪ 船にはタイ人シェフが乗船しているので毎回できたてのおいしいタイ料理が堪能できます。 食材や品目も多く味付けも日本人向けに作ってくれるので、辛いものが苦手な方でも大丈夫です。
潜って→食べて→潜って→食べての繰り返しのクルーズライフは最高ですが・・・食べ過ぎには注意です!!
ログ付けしたり 船から飛び込みしたり サンデッキで日焼けしたり
ログ付けしたり 船から飛び込みしたり サンデッキで日焼けしたり
バイキング形式でお好きなものを デザートも欠かせません 果物はいつでも食べ放題
バイキング形式でお好きなものを デザートも欠かせません 果物はいつでも食べ放題

 ★3日目★大物狙いダイビング
翌日はビダノック(BIDA NOK)島とビダナイ(BIDA NAI)島を目指してさらに船を南に走らせます。
ピピドン島やピピレイ島に比べればかなり小さな島ですが、この2つの島周辺ではバリエーション豊富なダイビングが楽しめます。
両手を大きく広げたよりもさらに大きなウミウチワや一面を埋め尽くすソフトコーラル、通り抜けできる岩やオーバーハングなどの地形、ギンガメアジやバラクーダの群れやレオパードシャークなどの大物も狙えるポイントに期待が高まります。
ニモことカクレクマノミ 元気なソフトコーラル 砂地で休んでいるレオパードシャーク
ニモことカクレクマノミ 元気なソフトコーラル 砂地で休んでいるレオパードシャーク
視界を遮るギンガメアジの群れ
  視界を遮るギンガメアジの群れ  

 釣り大会
夜にはお楽しみの「バディー対抗釣り大会」です。制限時間1時間以内にたくさん釣ったペアの勝ち!同数ならば釣れた魚の大きさで勝負です!
釣れるのだろうかと少し心配していましたが開始してすぐに釣れる釣れる♪イカの切身をエサにした簡単な仕掛けですが、「釣れた〜!!」と船のあちこちから声があがります。 フエダイなど1時間で合計13匹も釣りました。

釣り大会が終わった後も、クルーも交えてみんなで釣りをして盛り上がりました。勝負がかかっていない時のほうが釣れる?!
普段でもクルーが釣りをしていることがよくあるので、クルーズに乗ったらぜひ一緒に楽しんでみてください。海外で海釣りできる機会も貴重だと思うので釣り好きにはたまりませんね。

 ★4日目★ピピ島上陸
クルーズ最終日はピピ島のビーチに上陸してビーチバレー大会です♪
4チームに分かれてトーナメント試合、接戦のラリーが続きかなり白熱しました!砂に足をとられて動きにくいですが、必死にボールを追いかけていぃ汗を流しました。 試合後は海にダイブ!!

 デジカメフォトコンテスト
クルーズ中にみんなで写真をたくさん撮っていたので、水中写真&陸上写真の自信作を集めてフォトコンテスト開催です。なかなかおもしろい写真が出揃いましたよ☆
最優秀賞受賞者 水中編最優秀作品のケショウフグ 陸上編優秀賞作品
最優秀賞受賞者 水中編最優秀作品のケショウフグ 陸上編優秀賞作品

 バンコクへ
マリンクエストダイバーズのスタッフとクルーの皆さんとお別れをしてバンコクに移動です。 ホテルにチェックインしたのは夜でしたが、地下鉄に乗りルンピニー(Lumphini)駅からすぐのスワンルムナイトマーケットへ出かけました。

夕食は大型ビアガーデンで。両サイドにはたくさんのタイ料理のお店が並んでいて、ウェイトレスさんがメニューを持って歩いているので気軽に声をかけて注文できます。 前方のステージでは生演奏のバンドやダンスショーなどが大音量で行われていてかなり賑やかでした♪

ここのマーケットにはひとつの区画のなかに小さなお店が所狭しと並んでいます。道は入り組んでいてとっても狭いのですが面積はかなり広く迷路みたいです。 食器やお香・ハンディクラフト・タイシルク製品などの雑貨、アジアンテイストの家具、タイらしいローカルなデザインの洋服、アクセサリーなどの小物、バッグなど、いったいいくつのお店があるのでしょうか・・・。 全部を周りきるのは不可能?!お土産を買い占めるのもいいですが、ぶらぶら散策しながら見て周るだけでも楽しめますね。

さて、タイでの買い物は値段交渉が基本です。「ディスカウント!」「ディスカウント!」買い物を通じて現地の人との交流も楽しめます。 日本と比べると物価がとても安いので買い物好きにはたまりませんね♪ 気づけば夜12:00閉店時間ぎりぎり。時間がいくらあっても足りなさそうです。

 ★5日目★バンコク市内観光
バンコクでは帰りのフライトが深夜になるのでほぼ丸1日観光することができます。ここでは自由行動ですが、行きたいところが同じ人同士で集って市内観光しました。
地下鉄の切符はこんなチップ 便利なスカイトレイン 車が行き交うバンコク市内
地下鉄の切符はこんなチップ 便利なスカイトレイン 車が行き交うバンコク市内
【チャオプラヤーエクスプレス】
バンコクの代表的な観光地である王宮周辺に行くなら、水上バス(チャオプラヤーエクスプレス)がお勧めです。
バスやタクシーなどで行くと市内を通るのに渋滞していて時間がかかることがありますが、水上なら渋滞なんて関係なしですしね。
スカイトレインのサパーンタクシーン(Saphan Taksin)駅を降りるとすぐ目の前にサートーン(Sathorn)の乗り場があります。
チャオプラヤ川のクルーズが約20バーツ足らずで楽しむことができますよ。川の水はお世辞にもキレイとは言えませんが、バンコクの風景をゆっくり楽しむことができます。
オープンな船内 船から見たワット・アルン ター・ティアンの降り場
オープンな船内 船から見たワット・アルン ター・ティアンの降り場
【ワット・ポー(Wat・Pho)】
チャオプラヤーエクスプレスのター・ティアン(Tha Thien)の船着き場で降りて5分ほど歩くとバンコク最古のお寺であるワット・ポーの入口があります。 巨大な寝釈迦仏で有名なお寺ですが、タイ古式マッサージの総本山でもあり中で本場のマッサージを受けることもできるお寺です。
礼拝堂の中に入るとの黄金の寝釈迦仏が堂々と肘をついて横たわっています。体の横を周っていくとこれまた大きなお御足にたどり着きます。 この足の裏には螺鈿細工という、細かく砕いた貝殻を嵌め込む技法によってバラモン教の宇宙観が、108の絵で表されています。
高さ12メートル 全長49メートル 螺鈿細工が施されている足の裏
高さ12メートル 全長49メートル 螺鈿細工が施されている足の裏
広い敷地内 外では蛇を首に巻いて写真撮影 喉がかわいたらココナッツジュース
広い敷地内 外では蛇を首に巻いて写真撮影 喉がかわいたらココナッツジュース
【王宮(Grand Palace)&ワット・プラケオ(Wat Phrakeo)】
王室関連の宮殿と王室守護神のエメラルド寺院、バンコクに来たなら1度は見ておく価値があります! ワット・ポーの隣に位置しているのですが、この王宮の敷地は約21万uとかなり広いので、入口まで白い外壁沿いをひたすら歩くことになりますが・・・。
入場の際に服装チェックがあり、タンクトップや短パンだと中に入れてもらえません。 男の子は長ズボン、女の子は巻きスカートを無料で貸してくれるのでそれに着替えてから入場することになります。

日本であれば古くて歴史のある建物などは古いままで残そうとするのが基本ですが、タイ人の感覚はそうではないらしくどんどん新しく修築していくそうです。 歴史のある建物のはずですがピカピカしていて真新しく見える像がたくさんありました。私たちとの価値観の違いなのでしょう。
こんなズボンに着替えるハメに ワット・プラケオのシンボルの塔 豪華絢爛な仏塔
こんなズボンに着替えるハメに ワット・プラケオのシンボルの塔 豪華絢爛な仏塔
塔を支える悪魔と猿神 チャクリー・マハ・プラサート宮殿 タイ人参拝者もたくさんいる
塔を支える悪魔と猿神 チャクリー・マハ・プラサート宮殿 タイ人参拝者もたくさんいる
【サイアム・スクエアー周辺&フードコート】
バンコクの若者が集まるショッピングの中心地、サイアム(Siam)駅の周辺には大きな複合ショッピングセンターや商店が立ち並んでいて、多くの人や車が行き交いとても賑わっています。
お腹がすいたらぜひここのショッピングセンター(サイアム・パラゴン)内にあるフードコートがおすすめです。店内は明るく開放的で清潔な感じです。 タイ料理はもちろんのこと、ご飯、雑炊、中華、麺類、イタリアン、デザート類等たくさんの店が並んでいるので好きな料理を選ぶことが出来ます。 値段もかなりリーズナブルで、あまりにも種類が多く、全部が美味しそうなので選択するのに迷ってしまいますよ。

【カオサン通り】
バックパッカーのメッカであるカオサン通りには細い裏道にまで安宿がひしめき合っていて、世界中から旅行者が集っています。
ここはおしゃれなカフェや雑貨などのお店もありタイ人の若者も集っています。1時間で200バーツ前後(約600円)と格安でタイ式マッサージが受けられるお店も多いので、歩き疲れた方はぜひ休憩にマッサージを受けて疲れを癒してみてはいかがですか。
地元の若者にも人気スポット タイではドナルドも合掌 屋台料理に挑戦
地元の若者にも人気スポット タイではドナルドも合掌 屋台料理に挑戦
【タイスキ】
最後の晩餐は「タイスキ」で締めました。タイスキとは「タイ風のスキヤキ」という意味ですが、日本のすき焼きというよりはしゃぶしゃぶに近い感じです。
特に決まった食べ方はないそうですが野菜、肉、海鮮などを鍋に入れ、刻みニンニク、ライムの絞り汁、唐辛子などを好みによって入れたタレにつけて食べます。 辛かったり香草が入ったタイ料理が苦手な人はもちろんのこと、日本人にも比較的なじみやすいタイ料理なので是非おすすめです。

 ★6日目★帰国
最後にはみんなが「会ってたった数日しか経っていないとは思えない」と口を揃えて言うように、初めて会ったとは思えないくらい仲良くなり打ち解け合うことができたのには感動しました。
本当に素敵な仲間に出逢うことができました。

普段潜っている場所やメンバーなど、それぞれ違うダイビングスタイルがあるので、今回の旅行で情報交換ができてみんなの刺激にもなったのではないでしょうか。

「どこに行くか」「何を見るか」も旅行の大切な要素ですが、いろいろな人と出会えるのも大きな魅力だと思います。
今回の旅行だけで終わらずに、旅行を通じて仲良くなった仲間とこれからも交流ができたらと思います。皆さんもダイビングを通じて仲間を増やしていきましょう♪


ダイビング体験記 / ダイビングツアーの専門店 ダイブナビ
Copyrightc 2004-2014 STWORLD, Inc. All Rights Reserved.
観光庁長官登録旅行業第一種1022号  日本旅行業協会(JATA)正会員  旅行業公正取引協議会会員
エス・ティー・ワールド 渋谷駅前店 スポーツデスク  電話番号 03-6415-8633
ご使用になるプラウザについて Microsoft Internet Explorer6.0以上を推奨しております。
営業時間:10:30-19:30 ○定休日:第1・第3木曜日、年末年始
当社とのメールでのお問い合わせのやり取りに関する内容、旅行契約に関する内容は印刷またはファイルに保存の上、ご旅行終了まで大切に保管してください。
海外旅行 エス・ティー・ワールド 海外ダイビング ダイビングナビゲーション 海外サーフィン サーフトリップワールド アイランズコレクション・プレミアム 海外ウエディング ムーンシェル アドベンチャーコレクション ゴルフナビ ビジット・ワールド・キャンペーン プライバシーマーク
取り扱いエリア
【グアム・サイパン・ミクロネシア】  グアム  サイパン  ロタ  パラオ  トラック  ヤップ  テニアン  コスラエ
【インド洋・中近東】  モルディブ(クルーズ)  モルディブ(リゾート)  エジプト(紅海)  マダガスカル  ケニア
【アジア】  フィリピン  マクタン島 セブ  ボホール  ドゥマゲッテイ  ビサヤサファリ  ドンソール  モアルボアル  ボルホーン  スミロン  アニラオ  ボラカイ  シパダン/カパライ/マブール  マタキン  ランカヤン  ペルヘンティアン/ランテンガ  プーケット/スミラン/カオラック  サムイ島/タオ島  バリ島  コモド/ラジャアンパット  メナド  台湾  マラトゥア/サンガラキ  ブルネイ
【オセアニア・キリバス共和国】  ケアンズ(グレートバリアリーフ)  パプアニューギニア  ソロモン
【南太平洋】  タヒチ  フィジー  ニューカレドニア
【カリブ海・メキシコ・中南米】  ラパス  カンクン・コスメル  バハマ  ガラパゴス  ベリーズ
【日本】  沖縄本島  慶良間諸島  久米島  宮古島  石垣島  西表島  与那国島  奄美大島  小笠原
 
その他の関連サイト
モルディブガイド  タヒチガイド  パラオガイド  クロアチアガイド  ベトナムガイド  アメリカガイド  スペインガイド  ニューカレドニアガイド  フィジーガイド  イタリアコレクション  バリ島ガイド  ヨーロッパガイド  学生・卒業旅行  アマンコレクション  エコ・社会貢献活動  海外ウエディング&ハネムーン 
海外挙式専門サイト ケリーアン  海外ホテル予約・検索  ブログ  Twitter