フィリピン セブ島 ルビリゾート周辺のダイビングポイント - ダイビングブログ

ダイビングトップ> ダイビングブログ

フィリピン セブ島 ルビリゾート周辺のダイビングポイント

 

今回は、ルビリゾートサンタンダー、エメラルド・グリーン ダイビングセンター サンタンダーから周辺のダイビングスポットをご紹介します。

ルビリゾートの周辺には40余りのダイビングポイントがあります。
そして、なんといっても魅力的なのは、ここからですと1時間半程度のクルーズでアポ島、バリカサグ島に行くことができることです。
アポ島や、バリカサグ島はダイビング雑誌の世界の人気ダイビングポイントなどには必ず顔を出すポイントです。

アポ島はネグロス島ダーウイン地域にあります。
アポ島は自然保護をかなり前から実施しており、見渡す限りの様々な種類のサンゴが生き生きと密生しています。
もちろん、ギンガメアジの群れ、カメ、大型ロウニンアジなどが次々と現れるワイドスポットでもあります。
サンゴと色とりどりの魚に囲まれてゆっくり海を漂いたいというダイバーにも、ドリフトでガンガン回遊魚を見たいというダイバーにも満足できるポイントです。

 

 

 

スミロン島はルビリゾートから20分程度のところにあります。
海の中に入ると、メラネシアンアンティアス、パープルビューティー、デバスズメダイなどの熱帯魚がダイバーを迎えてくれます。特に、クマノミはハマクマノミの大きなコロニーや6種類のクマノミが見られます。
スミロン島は、かなり以前から、ドマゲッティのシリマン大学が海洋保護に乗りだしており、サンクチュアリーの見渡す限りのサンゴは本当に美しくもあり感動的です。また、時々ですが、ジンベイザメの目撃があります。
 私たちも、海底の石拾いなど、スミロンのサンゴ、環境保護の一翼を担っています。

その他にもリロアンエリアのイラク、マノリバ。オスロブエリアのボンボン、パンパン、カシリス。まだ手つかずのシキホールなどがあります。
 あなたはどんなポイントが好きですか、きっとあなたに満足をしていただけるポイントがあるはずです。

Filed under: フィリピン現地 — admin 10:21 AM
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL: