2010 7月 22 - ダイビングブログ

ダイビングトップ> ダイビングブログ

フィリピン・ボホール便り②

みなさんこんにちは。

フィリピン・ボホールより、アクア・ジャーニーの投稿です。

 

前回は、ダイバーの間で有名なバリカサグをご紹介しましたが、もちろんその他にもたくさんダイビングポイントがあります。

ボホールは、大物・小物・地形・ソフトコーラルと、とってもバラエティーに富んだポイントがありますので、潜っていて飽きる事がないんです。

今日ご紹介するのは、その中でも僕のお気に入りのポイント。

その名も 「ガーデン」

その名のとおり、庭のようです。

ソフトコーラルが咲き乱れるような庭のようです。

本当にきれいなんですよ~。

カラフルなソフトコーラルに、これまたカラフルなハナダイの群が絡んだりすると、とってもきれいな写真になります。

みなさん、ここで撮影会はいかがですか(笑)。

 

 

アクア・ジャーニーでした

Filed under: 未分類 — admin 11:23 PM

ヤップ ライズとムーンライズカフェ!!ロブスターシーズン!!!

ムーンライズかふぇ、ヤップ ライズ ダイビングセンターが経営するレストラン。

これから10月ぐらいまで、ロブスターシーズン。

先週20匹のロブスターが入って来た。

これから、毎週、海が荒れてなかったら仕入れ出来るよーーーと!!!!

毎年、お客様の間でもロブスターは大人気のスペシャルメニュー。

ロブスター1匹刺身と茹でロブスター1匹をスペシャルでこの期間出しています。

是非、スペシャルで出てたら試して下さいね!!!!

よろしくです!!!!!

 

ヤップ情報、ライズ情報、あまり無いです。ライズのお勧めリンクです。

 

ヤップ ライズ ダイビングセンターのホームページ

http://www.rizedivingcenter.com/JP-RiZE-Web/index.html

 

ライズ情報を無料PDFでダウンロード

http://www.web-lue.com/magazine/categorise/yap/index.php

 

ヤップライズのブログです

http://blogs.yahoo.co.jp/jomidaisuke

Filed under: 未分類 — admin 1:48 PM

2010/07/10-07/17 モルディブイクエーター号トリップ★

こんにちは、モルディビアンスターズの一子です。
今週は到着の時から雨。
天気が心配されましたが、2日目くらいから晴れてべた凪に(^-^)
まさにそのべた凪の日、すごいことが!!!!
ななな~んと、ざとうくじらの親子がいたんです~
水面に何回もぷか~っと背中を見せて浮かんできたり、
尾びれを見せたり、ドーニのすぐ横を泳ぎ去ったり。
モルディブで、ざとうくじらですよ!! すごいでしょ!

そんなついてる日はなにごともうまくいきます。
ジンべエも3匹見つかり、スノーケリング出来ました。
1回目はすぐに沈んじゃいましたが、2,3回目はゆっくりジンべエを見れましたよ!

次の日からは魚影の濃いポイントを潜りました。
グレイリーフやイソマグロやロウニンアジ、カスミの群れのハンティングに
コガネシマアジのクリーニング、クマザサの大群とワイドがおもしろい。
面白どころでは、オニダルマオコゼがなんと!5匹固まっていました。
見たことありますか?オニダルマオコゼ5匹。私は初めてです。
 

早朝ハンマーダイビングは見事ハンマーゲット!
ザトウにジンべエにハンマー、残すはマンタだけです。
最近は停泊中に船の後ろにマンタが捕食に来たりするんですよ~
そして北マーレのマンタポイントへ。
クリーングの根に着くと、マンタの姿なし。
し~んと静まり返った海の中。
するとカオリータチームからカンカンと音が響いてきました!
やった~!マンタの登場です。
何回も何回も1枚、2枚とマンタが通り過ぎ、最後は2枚がぐるぐるクリー二ング。
頭の上をマンタが通過してくれたりと近いマンタにゲストも興奮していました。
 

今週はザトウクジラの出現に度肝を抜かれました。
今さらですが、何に遭遇出来るかなんてわからないものですね。
感動しました。そしてさらにモルディブの海にLOVEです!
 

Filed under: 未分類 — admin 11:43 AM

ルビリゾート周辺の海 スミロン島

ルビリゾート周辺のダイビングサイト スミロン島

 スミロン島はセブ本島のオスロブの沖合にあります。
 エメラルドグリーンサンタンダーからはバンカボートで15分

 スミロン島もアポ島と同じくかなり早くからシリマン大学の海洋学科がガバメントに要請をしてサンクチュアリを作ったところです。
 
派手さはありませんが、見渡す限りのサンゴにメラネシアンアンティアスやパープルビューティ、様々なスズメダイが群れ遊ぶ姿は本当に宝石箱をひっくりかえしたような美しさです。

 

 

 

また、スミロンはクマノミの多さでも定評があります、ハマクマノミがたくさんのコロニーを形成するエリアには(クマノミ団地)と名付けました。

 ポイントは大まかに分けて、サンクチュアリ、ガードハウス、コテージ、ビーチフロントの4つがあります。

 サンクチュアリは以前から保護区に指定されていて、浅瀬はダイバーも入ることができません。クマノミ団地があるのがこのサンクチュアリです、サンゴの見事さを堪能してください。

 ガードハウスはサンクチュアリの隣にあるポイントです、シュノーケルはサンクチュアリとガードハウスの境目あたりがお勧めです、ただし、シュノーケラーが不用意に着底するとサンゴを壊す可能性がありますので注意が必要です。それほど浅瀬までにサンゴがびっしりと生えています。
 

 

 

 

コテージは潮当たりの強いポイント、ホワイトサンドとドロップオフと変化に富んだ地形が楽しめます。ここは、カスミアジ、イソマグロなどの回遊魚、カメなども見られます。

 ビーチフロント緩やかなホワイトサンドのスロープです。何か所にもチンアナゴやゴールドスペックジョーフィッシュがいて私たちを楽しませてくれます。

 白い砂とエメラルドグリーンの海、青い空そんな南の島の雰囲気を思いっきり楽しませてくれるポイントです。
 スミロンは地味なポイントと書きましたが、実は前はスミロン島はジンベイザメのウオッチングサイトだったのです。ですから、今もまれになりましたがジンベイザメが見られます、それはあなたの運次第。
 ジンベイザメの画像はTさんが写したものです。
 近すぎちゃって全身が入りませんでした。

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Filed under: フィリピン現地 — admin 11:08 AM