ルビリゾート周辺の海 スミロン島 - ダイビングブログ

ダイビングトップ> ダイビングブログ

ルビリゾート周辺の海 スミロン島

ルビリゾート周辺のダイビングサイト スミロン島

 スミロン島はセブ本島のオスロブの沖合にあります。
 エメラルドグリーンサンタンダーからはバンカボートで15分

 スミロン島もアポ島と同じくかなり早くからシリマン大学の海洋学科がガバメントに要請をしてサンクチュアリを作ったところです。
 
派手さはありませんが、見渡す限りのサンゴにメラネシアンアンティアスやパープルビューティ、様々なスズメダイが群れ遊ぶ姿は本当に宝石箱をひっくりかえしたような美しさです。

 

 

 

また、スミロンはクマノミの多さでも定評があります、ハマクマノミがたくさんのコロニーを形成するエリアには(クマノミ団地)と名付けました。

 ポイントは大まかに分けて、サンクチュアリ、ガードハウス、コテージ、ビーチフロントの4つがあります。

 サンクチュアリは以前から保護区に指定されていて、浅瀬はダイバーも入ることができません。クマノミ団地があるのがこのサンクチュアリです、サンゴの見事さを堪能してください。

 ガードハウスはサンクチュアリの隣にあるポイントです、シュノーケルはサンクチュアリとガードハウスの境目あたりがお勧めです、ただし、シュノーケラーが不用意に着底するとサンゴを壊す可能性がありますので注意が必要です。それほど浅瀬までにサンゴがびっしりと生えています。
 

 

 

 

コテージは潮当たりの強いポイント、ホワイトサンドとドロップオフと変化に富んだ地形が楽しめます。ここは、カスミアジ、イソマグロなどの回遊魚、カメなども見られます。

 ビーチフロント緩やかなホワイトサンドのスロープです。何か所にもチンアナゴやゴールドスペックジョーフィッシュがいて私たちを楽しませてくれます。

 白い砂とエメラルドグリーンの海、青い空そんな南の島の雰囲気を思いっきり楽しませてくれるポイントです。
 スミロンは地味なポイントと書きましたが、実は前はスミロン島はジンベイザメのウオッチングサイトだったのです。ですから、今もまれになりましたがジンベイザメが見られます、それはあなたの運次第。
 ジンベイザメの画像はTさんが写したものです。
 近すぎちゃって全身が入りませんでした。

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Filed under: フィリピン現地 — admin 11:08 AM
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL: