極彩色トウモンウミコチョウ@ブナケン島(マナド) - ダイビングブログ

ダイビングトップ> ダイビングブログ

極彩色トウモンウミコチョウ@ブナケン島(マナド)

 

トウモンウミコチョウ
トウモンウミコチョウ
Sagaminopteron psychedlicum) 

 

学名をそのまま読むと、サガミノプテロン サイケデリクム。

さがみの(相模野?)のサイケデリッックな奴、とでもいった名前になりますか。日本人が見つけたウミウシなんすかねー。 これは大抵が体長5ミリから1センチ弱で、相当小さいウミウシ。 でもブナケン島のやや深めのウォールで、ハデハデなピンクの♡マーク付きボティーでセクシーに存在アピール。
ギル(鰓えら)の部分も、透明なところてんか、パッションフルーツの種、もしくは、おサカナの透明ゼリー状の卵を連想させるギル。(このウミウシは、ここが一番美しい部分…なんて個人的には思ってしまう部分ですが)
じっくり観察しても飽きない美しいウミウシです。ブナケン島にて。

 

インドネシア、メナド(マナド)

ブナケン国立海洋公園ブナケン島内

ブナケン・チャチャ・ネイチャー・リゾート

Filed under: メナド現地 — admin 1:20 PM
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL: