ダイブナビ

シミランダイブツアーpc

シミランダイブツアーsp

11月頃からベストシーズンを迎えるタイ・シミラン諸島。
存分に海を楽しめるクルーズでのアクセスも魅力的ですが、
リゾートも楽しみたい!という方のために
弊社現地支店「STWプーケット」を利用しての
デイトリップダイブツアーを造成いたしました。
リーズナブル、日本人ガイド乗船の安心オペレート!
この機会に是非、シミランダイブを体験してみて下さい。

旬のシミラン諸島を潜る!ダイブスケジュール

  • ベストシーズンの八重山
週間スケジュール
シミラン諸島に到着後、スピードボートからダイビングボートに乗り換えます。
シミラン諸島はNo.1~9までの島々で成り立っていて、上陸が可能なのは4番と8番のみ。周辺には絶好のダイビングポイントが広がっています。
STWプーケットのデイトリップでは、外せないメジャーポイントを中心に毎日ポイントを変更、飽きることなく潜ることが可能です。
※海況によってはボン島やタチャイ島で潜ることもございます。

オススメのダイブポイントをご紹介

  • エレファントヘッドロック

    エレファントヘッド

    地形派ダイバーには大人気のポイント。水中の巨石がまるで象の背中のようなダイナミックな景観。
    深場のがれ場や砂地ではマクロも楽しめます。
    中層にはイエローバッフュージュラーの群れが迎えてくれるので、 セーフティストップ中も満喫できます。

  • ハイダウエイ

    ハイダウエイ

    シミラン最北端の№9南東のコーナーポイント。 浅瀬2~3mの浅瀬からサンゴのスロープ、その下に広がる真っ白な砂地。 光が差し込むと深度も忘れてしまうくらい、癒し系のポイントです。
    色鮮やかなソフトコーラル、そこに潜むインディアンフレームフェアリーバスレットは最高の被写体です。

  • ビーコンリーフ&ロック

    ビーコンリーフ&ロック

    シミラン№8の東側リーフ沈船ポイントで、南の先端には水中に巨石が連なっています。2本楽しめるポイント。
    少し深場にある沈潜にはツバメウオなども住み着いています。
    深度に気を付けながら砂地をみると、各種ハゼもたくさんいて、マクロ派の方も充分楽しむことができます。

  • クリスマスポイント

    クリスマスポイント

    シミランで代表的なポイントのひとつ、クリスマスポイントの名前の由来は 水中にいくつも重なり合った岩のまわりを覆いかぶさるようなイバラカンザシが群生していたことからつきました。

    今は数が減ってしまったものの、アーチがあったりと地形ダイバーにも大人気。

  • スリーツリー

    スリーツリー

    シミラン最北端の№9の東側ポイント。 ドリフトで流れに乗って緩やかなサンゴのスロープを進むと、 ホウセキキントキが同じ方向を向いてお出迎え。
    エバンスアンティアスの群れやインド洋固有種のコラーレバタフライフィッシュ、インディアンバナーフィッシュも見られます。 シミランらしい癒し系ポイントです。

  • シャークフィンリーフ

    シャークフィンリーフ

    シミラン №3近くの巨岩ポイント。水面に少し出ている岩がまるでサメのヒレのようだということでつけられたポイント名シャークフィンリーフ。 巨石が水中に重なり合い、深度40mまで続く、ダイナミックな水中景観。
    スンダランドの遺跡なのではと言われているが、ここを潜ったダイバーは、与那国島の遺跡ポイントに匹敵するとの感想。

  • ハネムーンベイ

    ハネムーンベイ

    シミラン№4東側リーフポイント。
    初心者やブランクダイバーには最適な緩やかなスロープが広がるリーフ沿い。(初心者がいるときや天候により向かいます)

  • ボルダーシティ

    ボルダーシティ

    シャークフィンのすぐ近くのポイントで、水中に大きな3つの巨石があるダイナミックポイント。
    群生するウミウチワの間にびっしりと住み着くスカシテンジクや 岩の穴から顔を出すハナダイギンポも可愛い。
    運が良ければマンタにも会えるかも。