ダイブナビ

Komodoコモド

さすが世界遺産と言わしめる圧巻のダイビングエリア

コモドの魅力

コモドと言えばコモドドラゴンがまず思い浮かぶ方もいるかと思いますが、 ダイバーであれば一度は訪れるべきダイナミックな海がそこにはあります。
コモドでのダイビングの楽しみ方は大きく二つ、クルーズに滞在しながらダイビングを楽しむ方法と、 リゾートに滞在しながらダイビングを楽しむ方法。
肝心な海ですが、とにかく魚が多い!もちろんポイントによりますが、 大物だとマンタを始め、人懐っこい丸々としたナポレオンフィッシュ、グレイリーフシャークなどのサメ類、 浅瀬を優雅に回遊するロウニンアジ、カスミアジ、人間なんて気にもせずひたすら海藻を食べ続けるウミガメ(タイマイ)。 はたまた細かいところに目を向けると、思わず写真に収めたくなるような可愛いウミウシたち、様々なところを棲み家とするエビやカニ。
そして侮るなかれ、水深5mの海面付近。 抜群の透明度の中、コモドならではのイキイキとしたカラフルなサンゴたちが、南国の太陽から照らされキラッキラしてます! さらにキラッキラしている空間に、鮮やかなキンギョハナダイの群れが視界いっぱいに広がり、 それはまるで天然のアクアリウムです。
もちろんコモドドラゴン含め、絶景を見下ろせるトレッキングや、海まで徒歩10歩の隠れリゾート、 世にも珍しいピンクビーチなど、ダイビング以外も楽しめる要素満載。

オススメ コモド・ダイビングツアーKomodo Dive Tour

コモド エリアのご紹介Komodo Area Information

日本からコモドへの直行便はないため、お隣のバリなどを経由、国内線にてラブハンバジョ空港に入ります。 デイトリップの場合は主に空港のあるフローレス島が街やリゾートのある中心地。ボートで30~80分ほどかけてダイブポイントまで向かいます。
多くのポイントはデイトリップでも潜ることができますが、コモド島の南側などへは遠距離になるためほとんど向かいません。 この周辺を確実に潜るためにはクルーズに乗船するのがオススメです。
ツアー日程はデイトリップツアーで5日間~、クルーズ乗船で8日間~が最短の行程となっています。

コモドマップ
  • ダイビング情報- Komodo Diving -

    コモド ダイビング情報

    潮流れのダイナミックなポイントから砂地のマクロポイントまで様々

    コモド ダイビング情報

  • ショップ情報- Komodo Shop -

    コモド ショップ情報

    国際色豊かな大型ショップや、日本人向けのショップ、ダイブクルーズなど様々

    コモド ショップ情報

  • リゾート情報- Komodo Resort -

    コモド リゾート情報

    空港近くのダイバー向け格安ホテルから、超秘境リゾートまで取り扱い

    コモド リゾート情報

コモド インフォメーションKomodo Information

コモド エリアインフォメーション

国名
インドネシア共和国
首都
ジャカルタ
公用語
インドネシア語。リゾートでは英語が通じます
通貨
インドネシアルピア
時差
日本より1時間遅れ
フライト時間
日本からデンパサール(バリ島)、もしくはジャカルタで1泊して翌日国内線にてコモドへ。 日本~デンパサールが約8時間、デンパサール~コモドが約1時間半。リゾートまでは15~60分ほどです
電圧
240V。プラグはCタイプ
両替
日本、デンパサール、コモドで可能です
パスポート
入国時「6ヶ月+滞在日数」の残存期間と余白3ページが必要となります
ビザ
30日以内の観光目的で入国する場合はビザは免除となります

コモド ダイビングインフォメーション

スタッフが行ってきました!コモドの旅日記を見る すべてのコモド ダイブツアーを見る
コモドのダイブトリップはダイブナビにお任せを