ダイブナビ

Baliバリ大物もマクロも充実。魅惑のダイブ王国

レアマクロ、マンタにマンボウ、ギンガメアジ!
何でも出現する豊富な生物が自慢

バリの魅力

言わずと知れたインドネシア随一の観光スポットのバリ。 その魅力は陸だけにとどまらず、 バリの全域に及ぶ様々なエリアの水中世界にも散りばめられています。
バリの夏の風物詩マンボウやマンタをはじめ、大物狙いにうってつけのヌサペニダ、チュニンガン、レンボガン。 世界でも稀にみる、ビーチエントリーから沈船ダイブができ、色とりどりの熱帯魚と戯れることの出来るバリのトランベン。 レア種、マクロが充実でフォト派にもお勧めのムンジャガン。多種多様のポイントが充実したバリでは、ダイバーの好みに合わせたダイビングが出来ます。
アフターダイビングもバリのローカルエリアでのんびりしたり、 街散策やショッピング、スパ、伝統舞踊鑑賞など、各種アクティビティーも存分に楽しむことができるエリアです。

バリ オススメキャンペーン&ベストツアーBali Recommended & Tour Information

バリ ダイビングエリアのご紹介Bali Area Information

バリ リゾートエリアのご紹介Bali Ressort Information

  • サヌール- Sanur -

    サヌールのダイビング情報

    バリ島内随一の繁華街 以前バリ島で最も栄えていたダイバーに最も人気な昔ながらの下町。多くのリピーターがマリンスポーツを楽しんでいます。 ヌサペニダ、トランベン、アメッド、パダンバイなどがメインダイブエリア。

    サヌールのリゾート情報

    サヌール滞在ツアー一覧

  • チャンディダサ- Candidasa -

    チャンディダサのダイビング情報

    素朴でシンプルなローカルエリア バリ島東部に位置するチャンディダサは、バリ島の空港から約1時間30分ほど。 トランベン、アメッド、テペコン、パダンパイといったエリアへのアクセスが非常に良い。

    チャンディダサのリゾート情報

    チャンディダサ滞在ツアー一覧

  • トランベン- Tulamben -

    トランベンのダイビング情報

    ポイント前にステイしてダイビング三昧 バリ島東部に位置するトランベンは、バリ島の空港から約2時間半ほど。 リゾートの目の前がダイブポイントとなっていて、遠征などはせずにトランベンを潜ります。バディ潜水も可能。

    トランベンのリゾート情報

    トランベン滞在ツアー一覧

  • ヌサドゥア- Nusadua -

    ヌサドゥアのダイビング情報

    ダイビング以外の楽しみも満喫したい方へ 国家がバリ島の観光活性化のために開発したエリア。
    ダイビングは一日、他にもウブド散策やマリンスポーツをする時間も欲しい。というダイバーにオススメ

    ヌサドゥアのリゾート情報

    ヌサドゥア滞在ツアー一覧

  • ジンバラン- Jimbaran -

    ジンバラン のダイビング情報

    過ごし方はあなたにお任せ! バリ島南部のビーチリゾート地。浜辺にはシーフードを売る屋台が軒を連ね、 日が暮れだすとビーチには多くの観光客が集まってきます。こちらもダイビング+お好みの過ごし方ができるツアーをご用意。

    ジンバランのリゾート情報

    ジンバラン滞在ツアー一覧

  • ムンジャガン- Menjangan -

    ムンジャガン のダイビング情報

    日本人経営サービス&リゾートで
    じっくりダイビング 空港から車で約3時間30分。手つかずの自然が残る静かなエリアです。 ムンジャガンやその周辺、シークレットベイ、リゾート前のセルフダイブなどが楽しめます。

    ムンジャガンのリゾート情報

    ムンジャガン滞在ツアー一覧

バリ インフォメーションBali Information

バリ 国情報

国名
インドネシア共和国 Republic of Indonesia
言語
インドネシア語
時差
+1時間
通貨
RP(インドネシア・ルピア)
電圧
220ボルト。プラグはCタイプ
両替
空港や市内の銀行、両替所、主要ホテルなどで両替が可能。日本国内で行うよりも現地で行った方がレートがいいようです。
街の両替所の中には悪質な店舗もあるので、大手の両替所や政府公認店で両替するのが安心です。
気温
熱帯性モンスーン気候に分類され、乾季(4-10月)と雨季(11-3月)に大きく分けられます。
雨季の中でも雨量が多いのは1~3月ですが、雨がー日中降り続くことはほとんどありません。
日中の最高気温は30℃前後で雨季の方が若干高め。
最低気温は乾季が25℃前後で朝晩は冷え込むことも多いので長袖を持参することをおすすめします。
チップ
インドネシアでは基本的にチップの習慣はありませんでしたが、いまでは観光地エリアでは通例化しているようです。
サービスが良ければ内容やもよりますが5000ルピア~支払額の10%程度が目安。
ビザ
日本人観光客は30日以内の滞在であれば(到着ビザVOA)は免除されています。
ただし商用目的の入国には到着ビザを到着空港での取得が必要です。

バリ 国情報

すべてのバリ・ダイビングツアーを見る スタッフが行ってきました!バリの旅日記を見る
バリのダイブトリップはダイブナビにお任せを