ダイブナビ

Cookクック諸島「地上最後の楽園」と呼ばれる "クック諸島"

観光地化されていない美しい島々とサンゴ礁

クック諸島の魅力

1773年にキャプテン・クックによって発見されたクック諸島。 場所は赤道の南、タヒチとフィジーの中間に位置しております。
観光地化されていない美しい島々とサンゴ礁は「最後の楽園」とも呼ばれており、 タヒチ・ニューカレドニア・フィジーを含む南太平洋の中でも 断トツトップの透明度を誇り、冬季にあたる6月~9月には60mにも達することもあります。
ダイビングのメインとなる島はラロトンガ島とアイツタキ島。どちらも高い透明度とサンゴ、ウミガメ、トビエイ、バラクーダなどの回遊魚が見られるほか、 7月から10月にはザトウクジラが付近を回遊します。

迷ったらこのツアー!ダイブナビおすすめクック諸島ダイビングツアーCook Dive Tour

クック諸島 ダイビングエリアのご紹介Cook Area Information

クック諸島 インフォメーションCook Information

クック諸島 国情報

アクセス
日本からはオークランド経由のニュージーランド航空利用が主流。 成田⇒オークランド間が約11時間、オークランド⇒ラロトンガ間が約4時間のフライトとなります
時差
日本との時差は、-19時間です。日本が19時間進んでいます。 ちなみに、ニュージーランドとクックの時差は、-22時間(ニュージーランドのサマータイム中は23時間)
通貨
ニュージーランドドルまたはクックドル。1ニュージーランドドル=85円(2015年1月現在)。クックドルはコインのみ流通 (ニュージーランドではクックドルは利用できません)
両替
日本円からニュージーランドドルへの両替は、ニュージーランドで済ますのがお勧め
公用語
クック諸島マオリ語、英語 共に公用語となります
パスポート
滞在日数+6カ月以上有効なパスポートが必要
治安
クック諸島はとても安全な国です。人は穏やかで犯罪も少なく、 女性のお客様や小さなお子様がいらっしゃるご家族にも安心してご旅行いただけます。
危険な動物や毒をもった虫などは一切いませんし、 ラロトンガには24時間開いている総合病院がありますので万が一の時も安心です。
水と食事
ミネラルウォーターをお飲みになることをおすすめします。
素材の味を生かしたクック諸島の郷土料理は日本人の口に合いますし、 ラロトンガとアイツタキの中心街にはたくさんのレストランがあるので食べ物の心配は無用です

クック諸島 国情報

クック諸島 国情報

すべてのクック諸島・ダイビングツアーを見る スタッフが行ってきました!クック諸島の旅日記を見る
世界中のダイブトリップはダイブナビにお任せを